中学校社会科教師Pikaryaの記録

中学校社会科教師4年目。「自由と自治」がモットー。学びのポートフォリオとしてのブログ。ホームページはこちら。https://www2.hp-ez.com/hp/bunburyodo/page1

離任式の計画【生徒会活動の集大成】

自分の学年にいらっしゃった先生が、事情があって、2学期から教育委員会の方に移動になりました。急なことだったので、離任式もできていなかったんですね。

 

その先生は指導力抜群。多くの生徒から人気。もちろん、自分も大尊敬する先生でした。

 

そしたら、うちの生徒会長。

 

「学校がやらないなら、私たちで離任式をやる!」

 

という決意のもと、子どもたちだけで実行委員会を作ってきました。

 

離任式の実行根拠をつくるため、学年の生徒に話し、意見箱に85枚もの陳情を入れさせて。

 

素晴らしすぎる!

 

校長さんに相談したら

 

離任式に関しては、全体で行うのでいつも通りの形で、学年離任式は、子どもたち主体でOK、ということになり

 

「お前ら、最高じゃん!学年離任式は任せたわ!」

 

との一言しか自分は言わず。1週間後、8枚にも渡る離任式の企画書を作ってきました。

 

本当に、この子たちすごい!

 

移動された先生には皮肉かもしれないけれども

 

この子たちのその先生への強い想いを感じるとともに、この子たちの生徒会活動の集大成がここに集約されているなぁ、って感動。

 

ずっと、自分たちで企画を考え、企画書を作って提案し、プロジェクトを仲間とともに作り上げ、実行することをやってきた2年間。

 

その活動の一つの集大成がここにあるんだなぁって。

 

何だか、感慨深い時間でした。

 

離任式の練習も、当日までの準備も、すべて子どもたちが自分たちで主体となって運営していくんでしょう。

 

あとは、見守るのみ。

 

本当に素敵な子どもたちです!