中学校社会科教師Pikaryaの記録

中学校社会科教師4年目。「自由と自治」がモットー。学びのポートフォリオとしてのブログ。ホームページはこちら。https://www2.hp-ez.com/hp/bunburyodo/page1

オルタナティブ教育への関心【『世界一素敵な学校』を読んで】

日曜日の午後、ゆっくりと1ページ1ページを噛み締めながら、3時間近くかけて、『世界一素敵な学校』を読みました。 

世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

世界一素敵な学校―サドベリー・バレー物語

 

 

サドベリー・バレー。

 

もし自分がもう一度子ども時代を過ごすのであれば、こんな学校で過ごしたい。

 

クラスも学年も教師もない学校。

カリキュラムも授業もない学校。

 

あるのは

 

学校で何をしてもOK。自分の興味・関心に忠実に過ごせる幸せな子ども時代。

自己選択・自己決定・自己責任が徹底されている環境。

子どもたちの営みを見守ってくれる安心できるスタッフ。

教師も生徒も1人1票。自分たちで自分たちの学校の在り方を決められる民主的な全校集会。

 

こんな学校、最高だなぁって。

 

後でじっくり書評を書きたいと思います。

 

続いて読むのは、ようやく注文が届いたこの本。

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

こんな学校あったらいいな: 小さな学校の大きな挑戦

 

 

箕面こどもの森学園の書籍です。

 

中学生の頃から、公教育に対しての疑問が絶えなかった自分。最近、オルタナティブ教育への関心が一挙に高まっています。